異世界[恋愛]

お望み通り悪役令嬢になりましたのに

「――それで用件だが、王子様曰く、過去に遡って君の学園での横暴な振る舞いを謝罪し、現王妃候補の前で跪けば身分の返還を――」

「そんなことを聞きたいわけじゃない」

彼女の目に剣呑な、昏い光が宿った。まさかこのチリチリする気配は殺気だろうか。公爵令嬢としての気品と同時に殺気を浴びた俺は、不覚にもその温度差にめまいを覚えた。

「何故殿下は今になって私を王都へ戻そうとしているのかと聞いている」

R15 / 悲恋 / ヒストリカル / 乙女ゲーム / 悪役令嬢 / オリジナル戦記 / ラブコメ
全1話完結済 12,368文字 61% 2021年04月05日 22時16分更新
日間P
172
総合P
18,946
ブクマ
1,184
平均評価
8.64
感想数
12
レビュー
0
評価頻度
161.99%
評価P
16,578
評価者数
1,918
週間読者
14,417
日間イン
14回
ベスト
2位
最終取得日時:2021/04/21 12:16
※googleにインデックスされているページのみが対象です