異世界[恋愛]

【完結】「転生前から好きだった。だから愛妾になれ」と国王陛下から命じられた転生伯爵令嬢の話

王太子を襲撃者から守り、デビュタントのドレスを血塗れにした伯爵令嬢ラウラ。
その姿を見て婚約者のエドアルドは「みっともない」と婚約破棄を宣言する。
ラウラの父親は「お前などよりもっといい男をラウラの婚約者にしてやる」と息巻く。
その直後、国王となったフラヴィオにより、ラウラは「俺の愛妾になれ」と命じられた。

例えば、身分が違うとか。
相手に釣り合わないくらい不細工だとか。
自分を裏切った相手に何でもないよと笑顔を向けて、ずっと一緒に暮らし続けなければならないとか。

これは、そんな呪縛を「ぶん殴って幸せになる」ための物語。

R15 / 残酷な描写あり / 年の差 / 転生 / 婚約破棄 / 王位継承 / 伯爵令嬢 / 拳 / ぶん殴る / 再会 / 魔道 / ESN大賞4 / 愛妾 / OVL大賞8
全37話完結 2022/11/23 08:00更新
86,841字 (2347.1字/話) 26%
日間P
28
総合P
1,774
ブクマ
270
平均評価
8.51
感想数
0
レビュー
0
評価頻度
53.7%
評価P
1,234
評価者数
145
週間読者
460
日間イン
3回
ベスト
120位
最終取得日時:2023/01/27 12:13
※googleにインデックスされているページのみが対象です