ヒューマンドラマ[文芸]

エバレットの死を悼む『資格』が有るモノは…… 居るのだろうか?

エバレットの凶報を受け取った王太后。 その事実に愕然としながらも、事後の処置を進めざるを得ない。 それが、国母としての『責務』であった。

罪を認識し、その罪の罰を甘んじて受ける覚悟の元に、行動を開始する、

王太后として。 エバレットの愛したこの国は…… この国だけは、護らねばならないと、そう心に決めて。


 ” 公爵令嬢エバレットの、『最後の挨拶』 ” の 「その後」の物語。 シリアス、バッドエンド耐性の無い方は、ブラウザバック宜しくお願いします。 

シリアス / 女主人公(婆ちゃん) / 西洋っぽい地域 / 中世っぽい時代 / バッドエンド / 権利と義務と責任 / 愛していたのに / 信じていたのに / 愛とは? / 公爵令嬢エバレット / 『最後の挨拶』 / 「その後」の物語
短編 2023/01/20 01:41更新
7,699字 44%
日間P
282
総合P
5,850
ブクマ
298
平均評価
8.57
感想数
33
レビュー
0
評価頻度
205.7%
評価P
5,254
評価者数
613
週間読者
12,924
日間イン
7回
ベスト
15位
最終取得日時:2023/01/27 12:05
※googleにインデックスされているページのみが対象です