異世界[恋愛]

幼馴染のお嬢様が実はお坊ちゃんだったらしい

『ずっと、一緒にいようね』

白磁のような肌に、透き通った銀の髪。
まるで人形のような彼女リュー・アズールと、私クレア・シルヴィスは十年前にそんな約束を交わした。
それから十年後、家同士が取り決めた婚約者から「真実の愛を見つけた」からと一方的な婚約破棄を告げられた私の前に、一人の男性があらわれる。
その男性は何故か私と同性であり、唯一の幼馴染であるリューの名を名乗る人物だった。

これは、「(家族として)ずっと、一緒にいようね」を「(友達として)ずっと、一緒にいようね」と勘違いした子爵令嬢と公爵令息のお話。

身分差 / 女主人公 / 幼馴染 / 溺愛 / 勘違い / 婚約破棄 / ハッピーエンド
短編 2022/06/19 06:31更新
10,148字 23%
日間P
-
総合P
5,372
ブクマ
254
平均評価
8.67
感想数
3
レビュー
0
評価頻度
220.87%
評価P
4,864
評価者数
561
週間読者
19,886
日間イン
7回
ベスト
26位
最終取得日時:2022/07/04 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です