ヒューマンドラマ[文芸]

通り過ぎようとしただけなのに巻き込まれてしまいました。

昼食に向かう途中に忘れ物をして一人で渡り廊下を歩いていると、五〜六人がかたまって不穏な空気が。
関わりたくなくて、端をそっと通り抜けようとしたのに、誰かに腕を掴まれて巻き込まれていってしまう。
「ピンク頭の男爵令嬢と肌を見せ合うようなことをしていましたのよ」

王子 / 公爵令嬢 / 噴水に浸かっている / ピンク頭の男爵令嬢 / 腕を握って離さない
短編 2023/11/17 17:00更新
3,219字 61%
日間P
-
総合P
7,878
ブクマ
310
平均評価
8.16
感想数
10
レビュー
0
評価頻度
287.1%
評価P
7,258
評価者数
890
週間読者
111
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/06/23 12:21
※googleにインデックスされているページのみが対象です