異世界[恋愛]

【書籍化・コミカライズ】誰にも愛されなかった醜穢令嬢が幸せになるまで〜嫁ぎ先は暴虐公爵と聞いていたのですが、実は優しく誠実なお方で気がつくと溺愛されていました〜【二章完】

『醜穢令嬢』『傍若無人の人でなし』『ハグル家の疫病神』『骨』──それらは、伯爵家の娘であるアメリアへの蔑称だ。
その名の通り、アメリアの容姿は目を覆うものがあった。
骨まで見えそうなほど痩せ細った体躯に、不健康な肌色、ドレスは薄汚れている。
義母と腹違いの妹に虐げられ、食事もロクに与えられず、離れに隔離され続けたためだ。
陞爵を目指すハグル家にとって、侍女との不貞によって生まれたアメリアはお荷物でしかなかった。
誰からも愛されず必要とされず、あとは朽ち果てるだけの日々。
今日も一日一回の貧相な食事の足しになればと、庭園の雑草を採取していたある日、アメリアに婚約の話が舞い込む。
お相手は、社交会で『暴虐公爵』と悪名高いローガン公爵。
「この結婚に愛はない」と、当初はドライに接してくるローガンだったが……。
「なんだそのボロボロのドレスは。この金で新しいドレスを買え」「なぜ一食しか食べようとしない。しっかりと三食摂れ」
蓋を開けてみれば、ローガンはちょっぴり口は悪いものの根は優しく誠実な貴公子だった。
幸薄くも健気で前向きなアメリアを、ローガンは無自覚に溺愛していく。
そんな中ローガンは、絶望的な人生の中で培ったアメリアの”ある能力”にも気づき……。
「ハグル家はこんな逸材を押し込めていたのか……国家レベルの損失だ……」「あの……旦那様?」
一方アメリアがいなくなった実家では、ひたひたと崩壊の足音が近づいていて──。
これは、愛されなかった令嬢がちょっぴり言葉はきついけれど優しい公爵に不器用ながらも溺愛され、無自覚に持っていた能力を認められ、幸せになっていく話。
※書籍化・コミカライズ決定致しました。皆様本当にありがとうございます。
※ほっこり度&糖分度高めですが、ざまぁ要素もあります。
※カクヨム、アルファポリス、ノベルアップにも掲載中。
6/3 第一章完結しました。
6/3-6/4日間総合1位 
6/3- 6/12 週間総合1位
6/20- 月間総合1位

女主人公 / ハッピーエンド / 契約結婚 / 公爵様 / ざまぁ / 姉妹格差 / チート / 無自覚天才 / 溺愛 / ご飯が美味しい / ベッドふっかふっか / 義妹 / 毒親 / 家族以外みんないい人 / グルメ
全61話連載中 2022/06/30 19:00更新
125,349字 (2054.9字/話) 35%
日間P
1,990
総合P
121,554
ブクマ
27,347
平均評価
9.39
感想数
188
レビュー
2
評価頻度
26.05%
評価P
66,860
評価者数
7,124
週間読者
215,513
日間イン
40回
ベスト
1位
最終取得日時:2022/07/04 12:08
※googleにインデックスされているページのみが対象です