純文学[文芸]

ガラス種板の貴女に綴った手紙

私立大学の理事長である父に、教材用の古びた幻灯機をオモチャとして与えられた少年。
彼の初恋相手は、幻灯機のガラス種板に印刷されていた舞妓姿の女性だった…
※ 本作品は、武 頼庵様御主催の第3回『初恋・恋愛企画』の参加作品で御座います。

第3回初恋企画 / 幻灯機 / ガラス種板 / 舞妓 / 初恋 / 男子小学生 / 執事 / 京都 / ネトコン11感想
短編 2023/03/26 06:08更新
4,508字 14%
日間P
-
総合P
232
ブクマ
11
平均評価
10
感想数
8
レビュー
1
評価頻度
190.91%
評価P
210
評価者数
21
週間読者
-
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/06/23 12:37
※googleにインデックスされているページのみが対象です