異世界[恋愛]

聖女は死んだ。

「さあアイリーン様、御髪を整えましょうね」

そう言ってマナは自らの主の髪へ丁寧に櫛を入れる。あんなにも輝いていたブロンドは今はくすんだ光を放つばかりになり、所々白髪も混じっていた。社交の華と謳われた容姿も淑女の鑑と慕われた教養も、今は見る影もなくなった。鈴のような声だって不明瞭な言葉を発するばかりとなった。それもこれもあの日の出来事のせいだ。大人の体を持ちながら、中身はまっさらな子供のようになってしまった主人の世話を、それでもマナは毎日焼き続けていた。これは心を壊した令嬢とそれ見守ることしかできなかった侍女の哀しい物語。

R15 / 悲恋 / シリアス / 女主人公 / 西洋 / 誰も救われない
全1話完結済 14,907文字 12% 2021年02月16日 23時00分更新
日間P
36
総合P
9,622
ブクマ
579
平均評価
9
感想数
13
レビュー
0
評価頻度
162.35%
評価P
8,464
評価者数
940
週間読者
9,750
日間イン
9回
ベスト
9位
最終取得日時:2021/03/06 12:16
※googleにインデックスされているページのみが対象です