ハイファンタジー[ファンタジー]

学級裁判で追放された器用貧乏 器用だったので1人で生きていく 器用だったので上級職のスキルと魔法が全て使えるようになり、無敵の存在に 1人で生きていくと決めたのに、まわりがほっといてくれません

レオピン少年は、生まれつき器用であった。
彼はその器用さを活かし、幼い頃から様々なクラフトを行ない、仲間たちに貢献してきた。

レオピンは『王立開拓学園』に仲間たちとともに進学。
しかし入学式での『能力開花の儀式』において、レオピンに与えられたステータスは悲惨なものであった。

『職業は無職』
『ステータスは、器用さ以外は初期値のままで成長しない』
『スキルは器用貧乏』

器用さ以外に全く取り柄のないレオピンを、クラスメイトたちは『追放』。
レオピンは『特別養成学級』という、落ちこぼれのクラスに入れられてしまう。

ひとりぼっちになってしまったレオピン。
しかし与えられたスキル『器用貧乏』が、意外な性能を持っていることに気付く。

それは、

『器用さのステータスを、他のステータスに変換できる』
『好きな職業に転職できる』

というものであった。

レオピンはまず『木こり』に転職し、森から木材を得る。
さらに『大工』に転職し、誰よりも立派な家を建築。

『鑑定士』に転職してレアアイテムを判別し、『戦斧使い』に転職してチョッカイを掛けてきた他のクラスの生徒を撃退。
『レンジャー』に転職してダンジョンを探索、『ニンジャ』に転職して罠を楽々くぐり抜ける。

レオピンは単独(ソロ)で、なんでもこなせるだけの力を手に入れていた。
ひたすら無双しているうちに、幼なじみの聖女に慕われ、美女錬金術師から見初められ、レオピンの活躍はさらに知れ渡っていく。

一方、レオピンを追放したクラスメイトたちは、レオピンの能力を目の当たりにして追放を後悔。
家は掘っ立て小屋のままで、探索もままならず、じょじょに学園内での居場所を失っていき、破滅する。

クラス / 追放 / ざまぁ / スキルチート / 職業チート / ステータスチート / 無双 / 主人公最強 / 聖女 / 錬金術 / 開拓 / 学園 / 外れスキル / 成り上がり / 今更遅い
全93話連載中 282,487文字 32% 2021年04月13日 17時10分更新
日間P
4,726
総合P
106,276
ブクマ
22,202
平均評価
9.1
感想数
1,121
レビュー
2
評価頻度
30.63%
評価P
61,872
評価者数
6,800
週間読者
388,138
日間イン
33回
ベスト
1位
最終取得日時:2021/04/14 12:17
※googleにインデックスされているページのみが対象です