異世界[恋愛]

帰る場所をなくした貴族令嬢と辺境伯の、蜜蜂と蜂蜜にまつわる話

私――アニエス・アッカーソンの実家、アッカーソン家は伯爵家だ。だが、東方一の有力貴族として栄華を誇ったのも昔の話。私の戦乱と飢饉に見舞われた私の祖父の代で家運は大きく傾き、領地からは餓死者や領民の流氓が相次いだ。遂には爵位の返上を検討せざるを得ないところまで追い詰められた時、降って湧いたようにやってきた、ヒルデブラント辺境伯家への輿入れの話。私の両親は縋るような思いでその話を繋げ、19歳の私はヒルデブラント辺境伯家へ嫁ぐことが決まった。

ヒルデブラント辺境伯の令息・ニコラスは、ヒルデブラント領の主要産業である養蜂と、蜜蜂たちを心から愛する青年だった。そんな彼と過ごすうち、私は働き者で私のない蜜蜂たちの生態に興味を持ち始める。そしてどんどん蜜蜂の世界にのめり込んでゆく私は、同時に穏やかで博識なニコラスにも惹かれてゆく。

だがそんなとき、ヒルデブラント家を大規模な山火事が襲った。日は十日間に渡って燃え続け、蜜蜂たちの蜜源となる草木は全て焼失してしまい――。

ヒストリカル / 貴族令嬢 / 溺愛 / 蜂蜜 / 蜜蜂 / 異世界ファンタジー / ファンタジー / ハッピーエンド
全1話完結済 10,082文字 19% 2021年02月16日 12時10分更新
日間P
68
総合P
3,950
ブクマ
191
平均評価
9.13
感想数
6
レビュー
1
評価頻度
204.71%
評価P
3,568
評価者数
391
週間読者
8,420
日間イン
7回
ベスト
58位
最終取得日時:2021/02/25 12:15
※googleにインデックスされているページのみが対象です