純文学[文芸]

会議での議論中に“たとえ話”が持ち出されたら、「そのたとえが適切かどうか」という議論が始まってしまい、話がどんどん脱線していく

ある会社で、課の営業会議が行われていた。
営業方針をめぐって議論は白熱し、その中で課長がたとえ話を用いてこう熱弁した。

「チャンスなのに踏み込まない営業マンは、ケーキのイチゴを食べずに腐らせてしまうようなものだ!」

しかし、若い部下は「今のたとえ、ピンとこないんですけど。俺はイチゴ嫌いですし」と反論する。
これをきっかけに会議の流れはどんどん脱線していってしまう。

日常 / 現代 / コメディ / 会社 / サラリーマン / 議論 / 会議 / たとえ話 / 比喩 / ショートショート
短編 2023/03/23 16:35更新
3,141字 57%
日間P
-
総合P
918
ブクマ
22
平均評価
9.01
感想数
15
レビュー
0
評価頻度
440.91%
評価P
874
評価者数
97
週間読者
-
日間イン
0回
ベスト
圏外
最終取得日時:2024/06/23 12:37
※googleにインデックスされているページのみが対象です