ハイファンタジー[ファンタジー]

破棄から始まる下克上

〜これは“今”からおよそ300年前、アウストリー公国で王朝が代替わりした際の出来事である〜




「貴様との婚約なんぞ破棄だ破棄!」


そう喚き散らすのはこのアウストリー公国の公太子で、辺境伯令嬢ヴィクトーリアの不肖の婚約者のクラウスだ。
そしてその傍らには、不安げにクラウスとヴィクトーリアを交互に見渡す子爵家令嬢タマラの姿。


「貴様のような粗暴な女との結婚など冗談ではないわ!貴様との婚約を破棄し、この愛らしいタマラを新たに婚約者とする!先祖の決めた盟約など知ったことか!」


あろうことか彼は次期公王たる公太子の地位にありながら、自らの祖先とヴィクトーリアの祖先である東方辺境伯とが取り決めた“血の盟約”に従って結ばれているヴィクトーリアとの婚約を破棄すると宣言した。
それもヴィクトーリアが男勝りの女騎士で「ちっとも女らしくない」という、まことに身勝手な理由で。


「ほう。我らが祖先の決めた盟約など守る必要がないと?」
「そんな古臭い盟約になんの意味がある!なんなら貴様ら辺境伯家も攻め滅ぼしてくれるわ!」


クラウスのその言葉は、代々国境を守ってきた辺境伯家の令嬢としてのヴィクトーリアの矜持を大いに傷つけた。
彼女はだから、右手にはめていた白手袋を脱いで投げつけた。


「よかろう。では決闘だ」

「えっ、………あたし!?」


そう、ヴィクトーリアが手袋を投げた相手はタマラ。彼女に公太子の婚約者の座をかけて決闘を申し込んだのだ。
だがさすがに「普通の令嬢」であるタマラをいたぶる趣味はヴィクトーリアにはない。ゆえに代理人を立てることに同意した。


だが決闘当日、クラウスとタマラが連れてきたのは、なんと公国最強の騎士ジークムントだった!





◆王族の婚約は政略であり、それを破棄すると極端な話こうなるよ、ってだけの話だったのに……………どうしてこうなった?解せぬ。


◆ヘイトキャラとかざまあとか書くの苦手な作者が(多分)珍しくちゃんと書けたざまあ話。多分。基本的にはタイトルでネタバレしてます。
短めと言いつつも5万字超えちゃいました。全24話で完結予定です。


◆戦闘、流血、瀕死描写があるためR15で。
恋愛要素は比較的強いけれど題材的にハイファンタジーで投稿します。


◆この話はアルファポリスでも公開しています。

R15 / 残酷な描写あり / アリウステラ西方世界 / アウストリー公国 / 魔法ではなく魔術 / 婚約破棄 / 血の盟約 / 決闘 / 脱獄 / 下克上 / コミックスピア大賞2
全24話完結 2022/08/13 20:00更新
57,964字 (2415.2字/話) 49%
日間P
14
総合P
1,514
ブクマ
166
平均評価
8.63
感想数
9
レビュー
0
評価頻度
82.53%
評価P
1,182
評価者数
137
週間読者
629
日間イン
2回
ベスト
245位
最終取得日時:2022/10/02 12:13
※googleにインデックスされているページのみが対象です