ハイファンタジー[ファンタジー]

【2/9コミックス2巻発売】貸した魔力は【リボ払い】で強制徴収〜パーティー追放された俺は、可愛いサポート妖精と一緒に取り立てた魔力を運用して最強を目指す。限界まで搾り取ってやるから地獄を見やがれ〜

 飯島しんごう先生によるコミックス第1巻発売中!

 Aランクに最も近いと言われるパーティー『断空の剣』。
 結成五年目である若手パーティーの快進撃を可能にしたのは、メンバーの一人レントのユニークギフト《魔蔵庫》だった。

 《魔蔵庫》のスキル【魔力貸与】は、レントの魔力をパーティーメンバーに貸し与えるもの。

 レントの人並み外れた魔力量と【魔力貸与】によって、パーティーメンバーは本来数発しか打てないスキルを連発。
 強敵モンスターをガンガン倒し、桁外れのスピードで成長してきた。

 だが、レントは魔力を貸すばかり、貸した魔力は返ってこない上、直接戦闘ができず、経験値もたまらない。
 レント本人にはメリットがまったくなかった。
 メンバーたちが急成長する一方で、レントは取り残され、他のメンバーとの差は開く一方だった。

 『断空の剣』の三人――幼馴染の男剣士ガイ、同じく幼馴染で元婚約者のミサ、ガイに惚れている回復士のエル。
 三人は『魔力回復の腕輪』を手に入れ、用済みとなったレントを追放することに。

 ただ追い出されるだけでなく、屈辱的な仕打ちを受けたレント。
 心の底から怒り、「俺の魔力を返しやがれッ!」と叫んだことが切欠となり、ギフトが《無限の魔蔵庫》へと進化。

 可愛いサポート妖精エムピーと一緒に――。

 【強制徴収】で貸していた魔力の取立。
 【リボ払い】で利息たっぷりゲット。
 【魔力運用】で最大魔力量増加。
 【スキル購入】で魔力を払ってスキル購入。
 【魔力出納】でリキャストタイムなしでスキル連発。

 さらには、仲間に囮にされ、同じくユニークギフトで苦しむ少女と出会い、順調な旅を続けるレント。
 一方、元パーティーは返済に追われ、魔力は空っ穴。
 スキルも満足に使えず、落ちぶれていく一方。
 やがて両者は再会するが、レントは容赦なく取り立てる。

「これは復讐じゃない。正当な取り立てだッ!」

 ガイたちが【リボ払い】の恐ろしさに気づく頃には、もう既に手遅れだった。

カクヨムにも投稿しています。

R15 / 残酷な描写あり / 男主人公 / 幼馴染パーティー / パーティー追放 / ざまぁ / 成り上がり / 魔力貸与 / サポート妖精 / 覚醒 / やがて主人公最強 / 無双 / リボ払い
全197話連載中 2024/02/27 22:00更新
350,599字 (1779.7字/話) 35%
日間P
24
総合P
50,360
ブクマ
13,420
平均評価
8.83
感想数
360
レビュー
2
評価頻度
19.86%
評価P
23,520
評価者数
2,665
週間読者
24,265
日間イン
1回
ベスト
295位
最終取得日時:2024/03/01 01:18
※googleにインデックスされているページのみが対象です