コメディー[文芸]

死ぬ度に、死ぬ直前まで巻き戻る私

「システィーナ・ブシドゥー伯爵令嬢! ここで貴様の罪を告発する!」
そう叫んだのは、わたくしをこの講堂へと呼び出した婚約者のユージーン第二王子殿下。その後ろには庇われた男爵令嬢。そして講堂の役割を象徴する、右手に剣、左手に天秤を掲げた女神の彫刻。
そう、ここは学園内の問題を解決するために開かれる学生裁判が行われる場…ですが、全く整っておりませんわね? 断罪と変わらぬ物言い。こちらの反論に耳を貸さない態度。わたくしの言葉は届かない。改めて実感したわたくしは、ならばこの命に代えて証明しようと護身用のナイフで自害した…はずが、すぐさま時が巻き戻った。あれ?

女主人公 / 異世界ファンタジー / 巻き戻り / 判断が速すぎる / R15 / 残酷な描写あり
短編 2024/05/11 16:41更新
9,459字 35%
日間P
250
総合P
7,246
ブクマ
264
平均評価
8.49
感想数
8
レビュー
0
評価頻度
299.62%
評価P
6,718
評価者数
791
週間読者
427
日間イン
9回
ベスト
26位
最終取得日時:2024/05/20 12:06
※googleにインデックスされているページのみが対象です