現実世界[恋愛]

今年30歳を迎える社畜独身の俺。昔から何故か決まって元日に老後の自分の夢を見るのだが、いつも隣にいる妻らしき人は一体誰なのだろう。ヨボヨボすぎて若い頃の姿が想像できない。しかも俺、その人と今年に結婚?

今年30歳を迎える独身社畜、成宮 誠は、何故か昔から毎年決まって同じ様な内容の初夢を元日に見る。

それは2084年、90歳になった老後の自分が出てくる夢だ。いつも隣には俺の妻と思われる女性がいて、心底優しそうなそのヨボヨボのお婆さんと仲睦まじくほのぼのと暮らしている理想の老後の姿が脳内には映し出される。

どうやら、俺はその夢の内容的に、まさにそこから60年前の2024年の30歳の時にその彼女と結婚するらしい。ただ、あまりにも夢に出てくる妻については、年齢のせいもあってか、若い頃の姿が全くもって想像できない。

そして、気がつけば俺はまさに今年30歳になる年。

 初夢は正夢になるという迷信や、あまりにも同じ様な夢を元旦に毎年見るといった不思議な出来事からも、俺はその彼女をてっきり大学の頃から付き合っていて、プロポーズも済ませていた彼女との未来の姿だと信じてやまなかったが、蓋を開けてみれば浮気をされており...先日のクリスマスに別れたところ。

 そして、今、俺に他に女性と関わりがあるかと言われれば、それも職場ぐらいで、それも皆、俺がどう頑張っても手に届かないような高嶺の華の女性達しかいないといった虚しい現状だ。だから、その彼女達と付き合うどころか、今年に結婚なんて論外でしかなく、ありえない。

 そんな状況から、何度初夢として見ようが所詮は夢は夢。無意識に俺は昔から、ご都合主義な気持ち悪い妄想を夢として見ていたのだろうと、皮肉にも30歳になる年を迎えた今、一生独身で生きる決意をしたのだったが...

社会人恋愛 / ハーレム / 3ヒロイン / 未来の嫁 / 29歳 / 幸せな老後 / 独身 / 結婚 / 後輩 / 派遣 / 同僚 / 美女 / バレンタイン / マッチングアプリ
全21話連載中 2024/02/17 23:16更新
45,303字 (2157.3字/話) 24%
日間P
26
総合P
5,350
ブクマ
1,311
平均評価
9.09
感想数
13
レビュー
0
評価頻度
22.88%
評価P
2,728
評価者数
300
週間読者
14,222
日間イン
14回
ベスト
58位
最終取得日時:2024/03/01 12:07
※googleにインデックスされているページのみが対象です